小さなお家のキロク

ミニマムライフ、シンプルライフに憧れる専業主婦のブログ。日々の暮らし、お金のことなどを綴っています。

【節約】日用品は月1回のまとめ買い!|節約になる理由とは

f:id:berry16:20190722143143p:plain
こんにちわ。berryです。

特売日、日用品のまとめ買いをする方も多いのではないでしょうか?

でも少し待ってください。

それは本当に節約になりますか?

今回の記事は、日用品の買い方について書いていきます。

我が家はこのやり方にして、予算を大幅にオーバーすることがほとんどなくなりましたよ。

日用品貧乏チェック!


日用品貧乏チェック
  • いつの間にか収納場所がない
  • 何を何個持っているのか把握できていない
  • 都度買いしているとつい無駄遣いしてしまう

ストックを買いすぎていませんか?

日用品は、使用期限も長いものが多いので、買いだめをしているという家庭も多いと思います。

我が家も以前はそうで、洗剤なんかは安いときに5つくらい買ってストックしていました。

置く場所があるので、それはそれでいいと思っていたのですが…

でも、特売品って毎月とか、毎週とか、日によってとか、変わりますよね。

その都度「あっ今日はこれが安い!買っとこう!」ってなると、当然お金もかかるし、そのうちに収納場所も埋め尽くされてしまいます

何をどのくらい持っているのか把握していますか?

収納場所が日用品でパンパンになると、必ず死蔵品が発生します。

パンパンの収納場所から使いたい物を取り出す作業って嫌ですよね。

また、奥に置いたものは隠れてしまい、買ったことを忘れます

そうすると、まだある物をもう一度買ってしまいます

日用品がなくなった都度買いに行っていませんか?

私は、今日はシャンプーがなくなった!今日は洗剤がなくなった!といって、なくなった都度ドラッグストアに買いに行っていました。

でも私の場合、行くたびにお菓子やコスメなど目的の物以外を買いがちだったんです。

これだけを買う!という方にはその都度買いの方がいいと思いますが、私のように無駄遣いしがちなタイプの方にはおすすめできません。

どうすれば日用品費を節約できるか

ストックを持ちすぎない

まずストックの管理をしっかりすることです。

安いからといって買い込み、収納場所から物が溢れるようなストックを持つのはやめましょう。

収納場所にはそれぞれに箱などの制限を持つことによって、それ以上買わないように気を付けることができます。

f:id:berry16:20190722142000j:plain

見た目もスッキリするし、探さなくても取り出せます。

多用途の洗剤を持つ

洗剤ってお風呂用、食洗機用、窓ガラス用…etcと種類が多いですよね。

私はなるべく使う用途が多い洗剤を買うようにしています。

例を挙げると、使っている方も多いオキシクリーン

このオキシクリーン、我が家では

  • シューズ洗い
  • 風呂釜掃除
  • キッチンのダスター漂白
  • 食洗機の洗剤
  • 洗濯の時の漂白剤として

などの使い方をしています。

このように、多用途の洗剤を持てば、その分もつ洗剤を減らすことができます。

1つ1つは安い洗剤でも、何種類も買っていては高くなります

買い方

基本的には1か月に一度必要な分だけ買うようにしています。

毎月かかる日用品費は把握していますか?

我が家の場合は月5000円前後です。

買う前に家の在庫確認をします。

この先1か月以内になくなりそうなものだけを買い足すようにします。

始めのうちはわかりにくいのですが、慣れてくると何がどのくらいの期間もつのかというのがわかってきます。

我が家の場合、生活必需品以外ほとんどストックをしていないので、なくなりそうだと思うタイミングで、「日用品買い物リスト」に入れます。

リストの管理はホワイトボードにマグネットを貼ってやっています。

f:id:berry16:20200120102308p:plain

これなら、旦那さんもなくなりそうなものを見つけた時、またはなくなった時、貼ってくれます。

そして、月に1回、LOHACOなどのネットショップで注文しています。

月1まとめ買いの注意点

なくなって生活に支障がでるものは切らさないことが基本です。

例えばトイレットペーパーは切らすと大変ですよね。

そういうものは他のものよりも早めに買い足します。

トイレットペーパーだったら在庫があと3ロールになったら「買い物リスト」に追加するようにしています。

LOHACOなどのネットショップを利用する

近所のドラッグストアなどで買うのもいいのですが、私はLOHACOをよく使っています。

理由は5つあります。

宅配で届くので、重さや大きさを気にせずに買い物ができる

日用品って意外とかさ張る物や重い物が多くありませんか?

トイレットペーパーもだし、洗剤のお得用サイズとか重いですよね。

子連れの買い物では絶対に買いたくないです。(笑)

ですが、LOHACOなどのネットショップで買えば、玄関先まで運んでくれるので身軽に買い物ができます。

LOHACOにしかないお気に入りの商品がある

これはLOHACOに限りなのですが、お気に入りの商品があります。

例えば先ほどからよく登場しているトイレットペーパーは、LOHACOオリジナル商品が好きです。

120mもあってかなり持ちます!


価格が安定しているので”お得!”という感情に振り回されないで買い物ができる

LOHACO楽天24は価格が安定しています。

お店で買う時は、セール!という文字を見るとつい買わなくちゃ!という気持ちになってしまいますが、ネットショップでは「お得!」という感情に振り回されず、必要な物を必要な分だけ購入できます。

購入履歴が残るので何をどのくらいの頻度で買っているのかわかりやすい

ネットショップで買い物をすると、購入履歴が残ります。

これを見れば、前回シャンプーはいつ買ったかなどがわかります。

それを見ていると、これはどのくらいの期間でなくなるというのがわかるので、買い物の目途がつくようになります。

無印良品の商品の取り扱いがある

これもLOHACOに限りますが、無印良品の商品を購入することができます。

取扱いは、無印のネットショップほどの品ぞろえはありません。
でも、普段よく使うものは一通りある感じです。

無印のネットショップだと送料が5000円以上購入で無料になりますが、LOHACOだと、3300円以上で無料です。

ちょっとしたものを買い足したい時などに重宝します。

最近私が買い足したのはこれ。

子ども用マスクを入れるのにちょうどよくて、娘のランドセルに入れています。

この5つの理由からLOHACOなどのネットショップで日用品を購入するのはおすすめです。

ちなみに送料無料のラインと、届くまでの日数を紹介しておきます。


送料無料ラインと届くまでの日数
  • LOHACO3300円(税込)。2~3日くらいで届きます。
  • 楽天242700円(税込)4000円以上の購入で10%オフのクーポンがある時が多いです。3日~5日かかります。
  • Amazon:物によっては無料(プライム会員)だが、あわせ買い対象商品は2000円(税込)Amazonパントリーは送料が1箱390円かかる。だいたいの物は翌日~3日以内に届きます。

届くスピードはAmazon(プライム会員なのでお急ぎ便)⇒LOHACO楽天24という感じ。

まとめ

日用品は使用期間が長く、ついストックを持ってしまいがちですよね。

ストックを買いすぎて、どこに何があるかわからなくなっていませんか?

同じものを買ってしまったり、死蔵品を出さないためにも、ストックは自分で管理することができる量だけもつようにすることが大事です。

無くなったからといって、その都度買い物に出るとつまらないものに散財してしまいがち。

なので我が家では月に1回LOHACOなどのネットショップで日用品のまとめ買いをすることにしています。

特売商品に惑わされることもなく、重くてかさばる荷物を持ち帰る手間もなく、とても重宝しています。

また、LOHACOオリジナルデザインの商品や、他のネットショップには取扱いがない無印良品ものもあります。

日用品貧乏にならないために、ネットショップを利用して賢くお買いものしましょう。

では。
have a nice day!


読者登録おねがいします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村