小さなお家のキロク

ミニマムライフ、シンプルライフに憧れる専業主婦のブログ。日々の暮らし、お金のことなどを綴っています。

【無料ダウンロード】ズボラさん必見!1分でできる!家計簿のつけ方!|家計記録シートダウンロードできます

f:id:berry16:20210131163430p:plain
f:id:berry16:20210129101419p:plain

こんにちわ。AIです。

実は私は結婚する前まではどんぶり勘定もいいところ、常にカード払いの支払いに追われているような本当にどうしようもない人間でした。

そんな私ですが、結婚を機にこれではやっていけない!と思い立ち、家計簿をつけ始めました。

うちの家計簿はズボラさんでも続けられるよう、記録は1回1分で終わるようになっています。

私のようなズボラ浪費家でも現在は900万円ほど貯金することができています!

f:id:berry16:20210106105021j:plain

いつの間にかこんなに貯金出来ていたなんて…

最後まで読んでいただければ嬉しいです!

1分でできる!家計簿のつけ方。

そもそも家計簿とは単なる記録です。

その「情報」をもとに家計をどう運営していくか考える事の方が、家計簿をつけるという行為よりも大事ですよね。

今回はそれを念頭に置いて、家計簿をつけていきます。

まず大前提として、うちの家計簿は何をいくら使ったということは細かく記録しません。

なぜかというと、家計簿をつける上で大事なのは、収入と支出のバランスを知り、いくらお金が残ったのか、いくら貯金が出来たのかを知ることだと思うからです。

何にいくら使おうと、自分が貯金したい金額が貯まっていればいいよね!という考え方です。

「 わける」と「記録する」

とは言え、ある程度の予算を決めることは大事です!

予算決めのための記録シートはこちらの記事からダウンロードできます!
www.chi-sanaouchi-record.work

予算が決まれば、お金は袋分けしていくだけです。

この辺はYouTubeで説明しているので、見て頂ければよりわかります(^^)/

そして、お金を使った時は、キャッシュレス決済なら入金用の袋へ各袋からお金を移します。

キャッシュレス決済の分はマネーフォアードなどの家計簿アプリを連携させておけば記録は不要です。

私はマネーフォアードを愛用しています。

袋分けをしているので、家計簿アプリは必須ではありません。

必要だと思った方は連携させてみてください(^^)/

現金で支払った場合は記録します!

ここで初めて記録出てきました!

ノートでもメモ帳でもなんでもいいんですが、日付を書く手間を省くためと、見開きで1ページ見える方が後の計算がしやすいので私はスケジュール帳のマンスリーのページを使っています。

f:id:berry16:20210131151435j:plain

書く項目は、使った金額と、自分がわかる項目です。

食費、生活費、雑費、医療費みたいな感じでもいいですし、写真代、ジュース代、プレゼント代なんかでもいいです。

難しく考えずに、自分がわかる項目でいいです。

家計簿つける時のハードルって、結構費目だったりしませんか?

これって何費?みたいに考えてると難しくなる…

なので、本当に簡単に!金額だけ正確に書いてればOKです。

普段の家計簿の記入はこれだけ!簡単ですよね(^^)/

家計簿を締める:月に1度

家計簿を月末に締めるのですが、収入・支出・その差(収支)を書くだけです。

f:id:berry16:20210131152009j:plain

収入はわかりやすいですよね。

その月のお給料や、子供手当やお祝いでもらったお金などの雑収入、売電の収入などありとあらゆる収入の項目です。

最後にその合計を書き出します。

支出も同じように書きだします。

住宅ローンや給食費などの銀行引き落としの分、カード払いの分(複数枚ある方は利用している全てのカードを記入)、現金払いの項目です。

現金払いの金額は、スケジュール帳につけていた金額の合計を記入します。

その合計を計算します。

これで、収入の合計と支出の合計が出ましたので、収入から支出を引くとその月に余ったお金がわかります。

ここが赤字でも気にする必要は全くありません。

年間通して黒字になるようにすればいいんです。

年間総資産表を締める:月1回

お金の使い方は本当に使う人の自由です。

なので、何に使ったって、その人と家族が幸せならいいと思っています。

ですが、無駄遣いをしていては、今は幸せだけど、未来はお金があるか不安ですよね。

そうならないために、月に1回これだけはしたいことがあります!

それが、自分の家に今いくらお金があるの?っていうのを知ることです。

これもやり方はすっごく簡単。

自分が持っている銀行口座を一覧に書き出し、月末残高を記入していくだけ。

f:id:berry16:20210131152120j:plain

あとは、手持ちの現金を数えて、記入していくだけ。

その合計を計算すれば、現在の自分が持っているお金の合計がわかります!

投資をしている方は月末時点での価格を記入します。

これをやるメリットは自分の家の総資産がいくらなのかを知って、安心したりもっと増やすにはどうするか考えたりできることと、続けて記入していけばこんなに増えてきたー!もっと頑張ろう!というモチベーションアップにつながること。

月々1万円貯金が増えていても、あまり実感わきませんが、総資産が199万だったのが200万になった!とかだとなんかやる気でませんか?

結局はお金が増えればいいのですから、増えたか減ったかを見ることが大事です。

総資産を知ることで、危機感を覚えることもあるでしょう。

そしたら、これからどうするのかを考えることができます。

もうちょっと節約がんばろうとか、何に使い過ぎだったのかな?とか考える事ができます。

ちょっと面倒だと感じたら

うちもなんですが、袋分け家計簿で管理していると、現金をたくさん家に置きがち。

なので、この現金を数える作業ちょっとめんどくさいんですよね。

そんな方は住信SBIネット銀行の目的別口座がおすすめ!

私も利用しています。

頻繁に出し入れしない項目、例えば教育費や住宅のリフォーム積み立て金、車購入の積み立て金、家電購入の積み立て金など。

最大5つの目的別口座が作れます!

さらに、目的別口座ごとに定期預金もできるのが魅力です。

他にもSBIポイントが貯まったりと何かとお得!

家に長期間置いているお金は1円も増えませんが、定期預金に預けると0.02%の金利が付きます。

現金を数える手間も省けるし、利息もつくし一石二鳥なので、おすすめ!

その他の記録

こちらは動画を配信してます。

ぜひ見てください(^^♪

その他の記録に今回無料でダウンロードできる家計記録シートを使います。

こちらは、毎月の家計管理に役立つだけでなく、年間の貯蓄率を知るためや、翌年の予算をたてるためにも重要です。

私がつけていてよかったと思う項目を家計記録シートにしました!

家計記録シートの使い方

ここからは家計キロクシートの使い方について書いていきます。

家計記録シート光熱費

f:id:berry16:20210131155253p:plain
電気、ガス、水道、売電ともに書き方は同じです。
毎月記入します。
グレーになっているマスは1年間で一番高かった月。
黄色いマスは一番安かった月です。
これをつけることで、年間の光熱費の移り変わりがわかり、何月に一番光熱費がかかるのかや、合計と平均も出すことができます。
私は、平均まで出して、翌年の光熱費の予算決めの目安にしています。

家計記録シート給与

f:id:berry16:20210131155641p:plain
給与のシートには誰の給与なのかわかるように【  】に名前を記入します。
あとは毎月給与を書くだけです。
ボーナスも忘れずに。
私は手取り収入が知りたいので、手取り収入を書くようにしています。
最後に1年間の合計を出します。
ボーナスを除いての平均を出して予算決めの時に使ったりします。
また、数年分の記録を1ページで管理することで、年いくらくらい収入が増えているのかもわかります。
ボーナスだけの収入の変化も確認できます。

家計記録シート雑収入

f:id:berry16:20210131160228p:plain
これは不定期な収入を記入するためのシートです。
例えばお祝いや、お年玉、不用品の買取など本業とは別の収入のことです。
何月にいくらもらった。だけでもいいですが、その収入がどういった経緯でもらえたのかも記入します。
1年間で雑収入がいくらになったのかも合計の部分に書きます。
そうすることで、年間の全収入額を計算しやすくなり、年間貯蓄率の計算に役立ちます。
また、お祝いでもらったお金などを記入することで、いつ誰にいくらもらったということがわかるのも便利です。

家計記録シート株

f:id:berry16:20210131160845p:plain
保有株銘柄ごとにつけます。
いついくらで買い付けたのか、いついくらで売却したのか、いついくら配当をもらったのか、いつ何の優待をもらったのかを記入します。
売却して損益が出たときは、いついくら損益が出たのかも記入します。

家計記録シート特別費

f:id:berry16:20210131161309p:plain
私は被服費とインテリア費だけなくなったらその都度補給するシステムにしているので、この特別費シートを使っています。
この2つの特別費はキャッシュレス決済をするので、補給する場合のお金はあらかじめカード支払い用の口座へ入金しておきます。
通常の特別費は予算を決めて、袋分けで管理しています。
補給したら入金の欄へ記入。
残高も記入します。
使ったら、出金の欄へ記入。
残高も記入します。

家計記録シート無料ダウンロード!!

最後に私が作った家計記録シートを無料公開します!

これがなくても出来ます!が、使っていただけると嬉しいです(^^)/

サイズは現在A5サイズでのみ作っていますが、ご希望があればA4サイズも作ります。

コメントください(^^)/

家計簿キロクシートガス

ダウンロードはこちらからどうぞ!

家計簿キロクシート電気

ダウンロードはこちらからどうぞ!

家計簿キロクシート水道

ダウンロードはこちらからどうぞ!

家計簿キロクシート売電

ダウンロードはこちらからどうぞ!

家計簿キロクシート給与

ダウンロードはこちらからどうぞ!

家計簿キロクシート雑収入

ダウンロードはこちらからどうぞ!

家計簿キロクシート株

ダウンロードはこちらからどうぞ!

家計簿キロクシート特別費

ダウンロードはこちらからどうぞ!

まとめ

どうすれば、楽に家計管理ができるのか、自分に合った家計簿はどういうスタイルなのか、この10年の結婚生活で試行錯誤を繰り返して、今のスタイルに落ち着いています。

家計簿をつけて家計管理することで、月収10万円代だった頃から年間貯金額は50万円ほどできていました。

皆さんも一緒に家計管理していきましょう!

最後に私が家計管理のために勉強した本を紹介して終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

YouTubeでも家計管理の仕方配信しています!

私の家計管理では、記録に重点を置かず、誰でも簡単にお金が貯まるようにシステム化しています。

YouTubeで配信している家計管理の動画を見て頂くと、より理解していただけると思います(^^)/

5回に分けて配信しています。

↑家計管理シリーズ1回目(^^)/

www.youtube.com
↑こちらがチャンネルのトップになります。ここから入って、好きな回から見てもらっても大丈夫です!

これを読んで家計管理の基礎を学びました!

投資初心者の方へおすすめの本!

私の家計管理の考え方を決めた本!


読者登録していただけると嬉しいです。

YouTubeもやってます。
www.youtube.comチャンネル登録お願いします!

www.chi-sanaouchi-record.work
www.chi-sanaouchi-record.work
www.chi-sanaouchi-record.work