小さなお家のキロク

ミニマムライフ、シンプルライフに憧れる専業主婦のブログ。日々の暮らし、お金のことなどを綴っています。

楽天EdyはANAマイルしか貯まらない?楽天Edyを使って、年会費無料でANAとJALのマイルを両方貯める!

f:id:berry16:20190810135147p:plain
こんにちわ。berryです。

陸マイラーデビューして、マイルが貯まるクレジットカードを探しています。
私はANAのマイルを積極的に貯めようとしているのですが、JALのマイルも同時に貯めたいと思っています。

今日はそんな欲張りな陸マイラーにぴったりな、2つのマイルが同時に貯まる方法を紹介したいと思います。


楽天Edyでの支払いでANAマイルが貯まる!

楽天Edyとはコンビニなどの加盟店で使える電子マネーです。
楽天Edyでの支払いで、0.5%のマイルが貯まります。
更にEdyマイルプラスの対象店舗では1%のマイルが貯まります。
f:id:berry16:20190810134112p:plain
1000円分の楽天Edyでの支払いで、5~10マイルが貯まることになります。

楽天EdyにチャージでANAマイルを貯めるために必要なクレジットカード

EdyにチャージしてANAマイルが貯まるクレジットカードではANAの各種カードが一番還元率がよくて、0.5%です。
ですが、年会費が一番安いカードでも15120円もします!
それでは、年会費がかからずに還元率が一番いいカードは何でしょうか?

楽天カード

楽天カードは楽天Edyへのチャージで0.5%の楽天ポイントが還元されます。楽天スーパーポイントはANAマイルへの交換が可能です。
還元率は楽天スーパーポイント2ポイントを1マイルへ交換できます。
つまり、楽天Edyからのチャージで0.25%のマイルが貯まることになります。
1000円分のチャージで2.5マイルが還元されることになります。
そして、楽天Edyでの支払1000円分で5~10マイル、チャージとの合計で7.5~12.5マイル貯まることになります。還元率は0.75%~12.5%


おすすめの楽天カードの作り方!最大16000Pがもらえます!

まだ楽天カードを持っていない方におすすめの作り方を紹介します。
楽天カードは年会費無料で、専業主婦や学生の方でも作りやすくなっているカードです。
まずはモッピーというポイントサイトへ登録します。
マイルを貯めるためにはポイントサイトへの登録が必須といえます。
理由はこちらの記事に詳しく書いています。
www.chi-sanaouchi-record.work
モッピーはこちらから登録していただくと1000Pもらえるチャンスです!
モッピー!お金がたまるポイントサイト
そして、モッピー経由で楽天カードを作ります。
今ならなんと10000Pももらえます!
超高還元です!
また、楽天カードのキャンペーンでも楽天スーパーポイントが5000Pがもらえます。
モッピーは現金の交換もできるので、マイルに興味がない方でもお得を感じられます!
合計で最大16000Pがもらえるチャンスになっています!
この機会を逃す手はありません。
モッピー超還元率キャンペーン8/18日までなので、楽天カードを作りたいと思っている方はお早めに。

楽天Edyを利用してANAとJAL両方のマイルを貯めるために必要なクレジットカード

では、楽天Edyを利用して、ANAとJALの二つのマイルを貯めたいという方におすすめの方法を紹介します。
それは、JALのマイルが貯まるクレジットカードから楽天Edyへチャージすることです。
そのために必要なクレジットカードはリクルートカードです。

リクルートカード

リクルートカードは年会費無料のカードです!
通常のお買いものでも1.2%の高還元率でポイントが貯まります。
楽天Edyへのチャージでも1.2%貯まります。
リクルートカードではリクルートポイントが貯まります。
リクルートポイントはじゃらんや、ポンパレモール、ホットペッパーなどで使うことができます。
今回はJALのマイルへ交換したいので、まずpontaポイントへ交換します。
pontaポイントへは1リクルートポイント=1pontaポイントで交換できます。
そして、pontaポイントは2pontaポイント=1マイルへの交換が可能です。(還元率50%)
1000円分のチャージをリクルートカードですると、
12リクルートポイント

12pontaポイント

6JALマイル
です!
還元率は0.6%です!
そして、楽天Edyで支払いをすることでANAマイルが5~10マイル貯まります。

ただし、リクルートカードはブランドがJCBの場合はチャージでポイントが付与されないので、必ずVISAかマスターにしてください。
また、月間30000円までのチャージでしかポイントが付与されないので、注意が必要です!

リクルートカードのお得な作り方!最大で10600ポイントもらえます!

まだリクルートカードを持っていない方におすすめの作り方を紹介します。
リクルートカードは年会費無料で、専業主婦や学生の方でも作りやすくなっているカードです。
まずはモッピーというポイントサイトへ登録します。
マイルを貯めるためにはポイントサイトへの登録が必須といえます。
理由はこちらの記事に詳しく書いています。
www.chi-sanaouchi-record.work
モッピーはこちらから登録していただくと1000Pもらえるチャンスです!
モッピー!お金がたまるポイントサイト
そして、モッピー経由でリクルートカードを作ります。
すると、600ポイントがもらえます!
また、リクルートカードの入会キャンペーンで最大6000ポイントがもらえます。
更にVISA、マスター限定のキャンペーンで3000ポイント!
ただし、入会でもらえるリクルートポイントは期間限定ポイントで、pontaポイントへは交換できないので、マイルにはなりません。
合計で最大10600Pがもらえるチャンスになっています!

リクルートカードで貯めたポイントはANAマイルにも交換できる!

リクルートカードで貯めたポイントはANAマイルにも交換ができます。
その方法は、ソラチカルートを使うことです。
ソラチカルートについてはこの記事で詳しく説明しています。
www.chi-sanaouchi-record.work

リクルートポイントをpontaポイントへ交換するところまではJALマイルを貯めるときと同じです。
pontaになったポイントを今度はLINEポイントへ交換します。
その時のpontaポイント120ポイントからLINEポイント100ポイントへ交換されます。(83.3%還元)
そして、LINEポイントは90%還元でメトロポイントへ。
メトロポイントはソラチカカードを持っていれば90%還元でANAマイルへ交換できます。
つまり、1000円分のお買いものでリクルートポイントが12ポイント

pontaポイントが12ポイント

LINEポイントが10ポイント

メトロポイントが9ポイント

ANAマイルが8.1マイル
ということになります。

そして、楽天Edyで支払いをすると、5~10マイルが貯まるので、併せて13.1マイル~18.1マイルのマイルを貯めることができます。
これは楽天カードで貯まるANAマイルよりも多いです。

でも、デメリットもあります。
この方法には年会費が2000円(税別・初年度無料)のソラチカカードが必須です。
また、色んなポイントへ交換するため、時間がかかります。
ソラチカルートではメトロポイントの交換制限が月に20000ポイントまでなので、ポイントサイトを使ってソラチカルートを利用している方にはあまりおすすめできません。

まとめ

このように、楽天Edyを使えばANAもJALも同時にマイルを貯めることができます。
クレジットカードと楽天Edyを使って、効率的にマイルを貯めましょう!

では。
have a nice day!


にほんブログ村テーマ 陸マイラーへ
陸マイラー
読者登録していただけていたら喜びます!

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
ランキング参加しています!