小さなお家のキロク

ミニマムライフ、シンプルライフに憧れる専業主婦のブログ。日々の暮らし、お金のことなどを綴っています。

赤字を減らすための工夫。袋わけ家計管理術。

こんにちわ。berryです。

今日の記事は袋わけ家計管理術について書いています。


袋わけ家計管理術とは

我が家では袋わけ家計管理術を使って家計管理をしています。
袋わけ家計管理術とは、その名のとおり、生活費を袋にわけて予算管理をしやすくする方法です。
例えば、我が家では食費+日用品費を一週間ごとに分けて入れています。
また、ガソリン費、教育費、娯楽費なども一か月単位で分けています。

袋わけ家計簿管理術のメリット

袋に予算を入れておくことで、中身が減っていくので今週(または今月)、あといくら使えるのかというのがわかりやすくなります。
目で見てわかるので、予算を守る意識が身に付きやすいです。

袋わけ家計権利術のデメリット

袋わけ家計権利術にすることで、一定額の現金が家の中にあるということになります。
防犯の観点からみるとデメリットではあると思います。

我が家の袋わけの仕方

銀行に行って7月分の生活費を振り分けてきました。
我が家は毎月、決まった額を銀行に残す分、現金で管理する分とわけています。
今日は現金で管理する分の管理方法を紹介したいと思います。
我が家は毎月の生活費を決まった金額でやりくりするようにしています。
なので、これから紹介する方法は、毎月同じことを繰り返します。
慣れるまではめんどくさいかもしれませんが、慣れたら簡単です。

生活費

生活に使うお金です。
毎月、ほぼ無くなります。

食費・日用品費

食費と日用品費はハイタイドのレシートホルダーに入れます。
f:id:berry16:20190629141132j:plain

中は蛇腹になっていて、小銭も入れることが出来ます。
f:id:berry16:20190629141642j:plain
中は紙で、外側が合皮です。
毎月5週分で分けます。
5週目は2日、3日しかないですが、5週で均等に分けます。
5週目の分が、使いすぎた時の予備費になったりするので5週で分けるようにしています。
我が家の食費+日用品費は35000円です。
そのうち、10000円はコープで使う分なので口座に残しておきます。
なので、現金で管理している分は25000円になります。
それを5週分でわけるので、1区切り5000円ずつ入っています。
f:id:berry16:20190629142202j:plain

ガソリン費、教育費、おたのしみ費(娯楽費)

ガソリン費は、毎月かかるガソリン代+ETC代を入れるようにしています。
教育費は、現金で毎月集金がある、幼稚園と小学校の教材費分を入れています。
これは前年度の集金の月平均を出して、一定額入れるようにしています。
お楽しみ費は、毎月のレジャー費や少額のその他の出費に対応できるようにしています。
f:id:berry16:20190629143142j:plain
この袋は100均のドキュメンタリーケースにいれて保管しています。
この袋は無印のEVAケースに入れています。
f:id:berry16:20190629144259j:plain


積立費

高額な支出に備えて積み立てているお金です。
毎月積み立てているものもあれば、その月だけ、数か月間だけ、という風に使う金額や頻度に応じて積み立てています。

医療費

子どもが小さいので、医療費は毎月積み立てています。
医療費用の財布(というか100均のポーチ)に毎月5000円入れます。
f:id:berry16:20190629144839j:plain
ここの予算を決めるときは、上の教育費と同様、年間の医療費を12か月で割って、月の平均を出すことにしています。
使わない月はそのまま財布に残して、高額な医療費に備えています。
f:id:berry16:20190629144917j:plain

車費、保険費

車費は、車の維持にかかる費用を積み立てています。
車検の費用、車の税金、オイル交換費用などです。
車関係の費用は毎月積み立てています。
保険費は、生命保険や医療保険などの年払い分の、月平均を毎月積み立てています。
年払いにすると、月払いにするよりも、ひと月あたりの保険料が安くなるので、我が家の保険料はすべて年払いにしています。
f:id:berry16:20190629150248j:plain
車の税金や、保険料などは支払額が決まっているので、その金額が貯まったら、各引き落とし口座に入れるようにします。
そうすることで、盗難というデメリットを少し軽減することができると思っています。
何の費用を入れたのかがわかるように私通帳にメモをつけるようにしています。
今度詳しく書きますね。

その他の積み立て費

今回は(7月分)このようなラインナップになりました。
f:id:berry16:20190629151010j:plain
贈り物費は親の誕生日や、母の日、父の日、お歳暮、などなどのプレゼント代です。もうすぐ父の誕生日なのでその分のお金をインしました。
ここは余ってもそのまま残しておいて、次のイベントに使うようにしています。
飲み会費用は旦那さんの飲み会の費用を入れています。1回5000円まで家計から出します。それ以上は自腹でお願いしています(笑)
夏休みレジャーは夏休みのレジャー費です。

このように積立費はその時に必要な分を積立てたり、とりわけて置きます。
この袋も積立費の分だけを無印のEVAケースにまとめて管理しています。


クレジットカード払いをしたときに入金する袋

そしてこちらが、入金用の袋。
無印良品の片面クリアケースを使っています。
f:id:berry16:20190629152608j:plain

万札まで余裕で入ります。

今、空っぽです。
これは、7月分の生活費をおろしてきたときに、6月に使ったカード払い分のものを銀行に入金してきたからです。
6月に使ったカード払いの引き落としは7月末です。
このように、給料日に慌てて入金しに行かなくても6月に使った分は入金されているので安心です。
クレジットカードを使って払っても現金をこちらの入金用の袋にわけておくことで、予算をオーバーするのを防げます。

まとめ

袋わけ家計簿にすることで、予算が一目瞭然。
残高がわかりやすいので、予算オーバーすることを防げます。
我が家は大きく分けて、生活費と積立費にお金を振り分けています。
また、クレジットカードは使うたびに現金を取り分けて管理することで、カードの請求に追われるということがなくなります。
我が家は袋わけ家計簿で赤字を減らすことができましたよ。

誰かの参考にしていただければ嬉しいです。


では。最後まで読んでいただきありがとうございました!
またのご訪問お待ちしております。

have a nice day!


読者登録していただけていたら喜びます!


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村
ランキング参加しています!